塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 現場ブログ

注意‼外壁塗装の手抜き工事 北九州市八幡西区 外壁塗装専門館

塗装の豆知識 2022.07.15 (Fri) 更新

福岡県北九州市の外壁塗装&屋根雨漏り専門店の  外壁塗装専門館 門田です👷!

いつも現場ブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

外壁塗装専門館は地場に根差した地域密着の塗装会社として福岡県北九州市八幡西区、八幡東区、若松区、遠賀郡、中間市、直方市、宗像市、飯塚市で多くの塗装工事を行わせていただいております🏠✨

これからも地域の皆様により愛される会社を目指し、外壁塗装を通して地域社会に貢献していきますので宜しくお願い致します🙇 

相見積もりをした5人に4人以上の人が外壁塗装専門館を選んでくださいます。

ありがとうございます♡♡

 

今日は実際に工事がスタートしてからの注意点をお伝えします。

知っておきたい、外壁塗装の手抜き工事

①高圧洗浄の手抜き

通常、塗装の前には、高圧洗浄で外壁の汚れを落とします。
この高圧洗浄の作業を、省略したり手短に済ませる、といった手抜きのケースがあります。

汚れがある状態で塗装をしてしまうと、凸凹した仕上がりになる、塗装が剥がれやすくなる、というトラブルが起こります。

②下地処理・補修作業の手抜き

塗装前に、外壁のひび割れや凸凹の補修作業が行われていなかった、という事例もあります。
この補修作業を省くと、塗料がきれいに付着せず、塗膜の耐久年数が短くなってしまいます。

③見積書に記載している塗料を使わない

見積書や契約書に記載した塗料よりも、グレードが低い塗料で施工しコストを抑える手口もあります。
工事の当日に、実際に使用している塗料の缶を見せてもらうと良いでしょう。

④塗料を必要以上に薄めて使う

塗装作業の際には、油性塗料であればシンナーで、水性塗料であれば水で薄めてから使用します。
製品ごとにシンナーや水の比率は定められているのですが、規定より多い量の水で塗料を薄めて、材料費を減らす手口も多く見られます。

また、全体的に塗料を薄く塗ったため、丈夫な塗膜が作られなかった、という例もあります。

⑤塗装の回数を減らす

本来3回塗りをしなければいけないところを、実際には2回塗りで済ませる業者もいます。

特に、2回目と3回目に同じ塗料を使用する場合、塗装が終わった後では塗った回数の判断が付きにくいため、作業している工程をこまめに確認しに行きましょう。

⑥高圧洗浄後や塗装後の乾燥時間を待たない

高圧洗浄後や塗装後には、その日の気温や湿度の状況に合わせて、一定の時間、乾燥をさせなくてはいけません。
乾燥が不十分の状態で重ね塗りをしてしまうと、塗料が定着せず、塗膜が剥がれやすくなってしまいます。

ところが、職人の人件費削減や工期短縮のために、乾燥を待たずに施工されてしまうことがあります。
特に雨天が続いた日や、湿気が多く乾燥時間がかかるような時期には、より注意して確認したほうが良いでしょう。

工事がスタートしたら
 不正行為がないか、なるべく見に行きましょう‼

徹底対抗 

地域一番の塗装専門店を目指します!!

お電話のお問い合わせの際はチラシを見ましたと一言頂けるとスムーズにご案内できます👍

ご来店の際も、イベントチラシをご持参ください🎵

チラシをお持ちでないお客様は『ホームページのイベントブログを見ました』とスタッフにお伝えください📞

外壁塗装・屋根雨漏り工事をお考えのお客様はこの機会が大チャンスです😋🎵

ぜひ、外壁塗装専門館へお問い合わせください✨

また、外壁塗装専門館はウイルス対策を徹底して営業しております。

☑スタッフマスク着用

☑検温の実施

☑アルコール消毒など

☑店内喚起

☑各テーブルクレベリンの設置

などなど、さまざまなウイルス対策徹底を行い、お客様に安心安全にご来場いただけるよう努めています(`・ω・´)✊

安心してご来店ください🏠🌠

皆様からのお問い合わせお待ちしております😍🎶

住所:福岡県北九州市八幡西区則松4丁目20-7

TEL:093-883-8848

営業時間:10:00~17:00

北九州市 外壁塗装
外壁塗装・屋根塗装の事なら外壁塗装専門館へなんでもご相談ください🌠

お客様満足度96.8%・施工実績5,000棟以上🏠

福岡県北九州市、遠賀郡、中間市、直方市地域密着

外壁塗装・屋根塗装専門店ショールームopen

北九州 外壁塗装